記帳代行は税理士に依頼するのがおすすめ!その理由とは?

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/15


規模の大きさに関わらず、会社を経営する上で必要となるのが会計帳簿の作成です。日々のお金のやり取りを正確に記録し、会計帳簿を元にして決算書類を作ったり、税の申告を行ったりします。会計帳簿を経営者の代わりに作ってくれるのが、記帳代行です。今回は、記帳代行は税理士に依頼するのがおすすめの理由を解説します。

会計帳簿の作成は記帳代行に依頼するのがベスト

冒頭でも述べたように、会計帳簿とは日々のお金のやり取りを記録するもの。仕事に必要となる物品の購入費や交通費、銀行の入出金記録、法人カードの利用履歴、収入などを、細かく記録していかなければいけません。会計帳簿にミスが生じると、決算や税の申告に影響をおよぼします。そのため一つ一つの記録を、正確に行わなければいけません。

しかし会計帳簿の作成は非常に煩雑なもの。文房具代やコーヒー代、ガソリン代、雑誌代などを、消耗品費や新聞図書費、車両費、交際費など、たくさんある勘定科目の中から適切な項目へふり分ける必要があります。会計に関する知識がないと、何をどの勘定科目へふり分ければよいのかがわからず、その都度インターネットなどで調べることになるでしょう。非常に時間がかかり、また知識のない中で行うと、ミスも生じやすくなります。

とくに会社がスタートしたばかりのころは経営を軌道に乗せるために、本来の業務に集中しなければいけない時期。そのような時期に会計帳簿作成の負担が大きくなると、経営にも大きな影響を与える可能性が出てきます。

そのため会計帳簿の作成は、記帳代行に依頼するのがベストです。収支がわかる領収書やレシート、請求書などの記帳代行をしてくれる会社・事業所に送るだけで、適切に会計帳簿を作成してくれます。

税理士に記帳代行を頼むメリット・デメリット

記帳代行を行っているのは、主に税理士と専門の代行業者の2つです。それぞれメリットやデメリットが異なるため、依頼する前に違いを理解しておきましょう。まずは税理士に記帳代行をお願いするメリット・デメリットを紹介します。

■決算申告も同時に行ってもらえる

税理士へ記帳代行をお願いする最大のメリットが、決算申告も同時に行ってもらえることです。会計帳簿を作成する目的の一つが、ミスのない決算報告を行うこと。決算報告はどの会社にとっても必須のため、正しく行わなければいけません。税理士に記帳代行を依頼すると、作ってもらった会計帳簿を元にして、そのまま決算報告まで行ってもらえます。別々に依頼する手間が省けるため、業務の効率化にもつながるでしょう。

■経営改善のアドバイスをしてもらえる

2つ目のメリットは、経営改善のアドバイスをしてもらえることです。税理士の仕事の一つが、企業の経営改善に向けたコンサルタント。お金の動きを細かくチェックしながら、業績アップや節税、業務の効率化など、経営状態を改善するためのアドバイスをしてくれます。会計帳簿をもとにコンサルタントが行われるため、記帳代行も一緒にお願いするとスムーズです。

■料金が割高になる

デメリットは代行業者への依頼と比べて、料金が割高になることです。決算報告や経営改善のコンサルタントは依頼せず、記帳代行だけをお願いしたい場合、税理士ではなく代行業者の方が安くなるケースもあります。

専門の代行業者に記帳代行を頼むメリット・デメリット

記帳代行を行うのに、専門的な資格は必要ありません。専門とする代行業者があるので、いろいろと探してみるとよいでしょう。また行政書士や公認会計士の中には、サービスの一つとして記帳代行をしているところもあります。専門の代行業者へ依頼するメリット・デメリットは、次のとおりです。

■料金をリーズナブルに抑えられる

最も大きなメリットが、料金がリーズナブルに抑えられることでしょう。先に述べたように記帳代行には特別な資格を必要としないため、国家資格となる税理士へ依頼するよりも、費用相場は安くなります。

■決算申告は別に行う必要がある

代行業者で行ってくれるのは、会計帳簿の作成のみです。決算申告に関する書類作成や、各種の手続きなどは行ってくれません。決算申告を外部に依頼する場合、別に税理士にお願いすることになります。ケースによっては税理士への一括依頼と比べて、割高になる可能性もあるでしょう。

記帳代行は税理士に依頼するのがおすすめ!

記帳代行をお願いするなら、税理士への依頼がおすすめです。わずらわしい会計帳簿の作成だけでなく、多くの会社にとって重要な決算報告まで、すべてを一貫して行ってもらえます。また経営コンサルタントも依頼すれば、業務改善や業績アップに向けた、専門的な視点からのアドバイスもあわせてもらえるようになるでしょう。

 

記帳代行とは会社の会計帳簿を、外部にお願いすることを意味します。煩雑でわずらわしい業務をお願いすることで、本来の仕事に集中できるメリットが生まれるでしょう。税理士に依頼すると、決算報告も一緒に行ってもらえるのでおすすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

顧問契約と記帳代行、確定申告・決算の3つが税理士の報酬の柱です。しかし、実際はほかの仕事も請け負っています。かといって、繁忙期にあれもこれもと依頼しすぎると、費用はふくらむばかり。費用を安く
続きを読む
有限会社松本会計センター松本卓也税理士事務所 住所:徳島県徳島市佐古四番町4-19 TEL:088-622-8842 自社での会計伝票起票や記帳は手間がかかると感じる経営者の方も多いのではな
続きを読む
塚原喬税理士事務所 住所:徳島県徳島市住吉1丁目6番22号 TEL:088-624-8570 受付時間:9:00~17:30 休業日:土日祝 経営者や個人事業主の方で、「申告業務が正しく行え
続きを読む